ビットコイン裁定取引(アービトラージ)徹底解説

ビットコイン 裁定取引
ビットコイン 裁定取引

ビットコイン裁定取引(アービトラージ)は、異なる取引所に上場されている異なるビットコイン価格を利用することで、保証された取引利益を確保する投資方法です。

基本的な仮想通貨のアービトラージ戦略は簡単に言えば、1つの取引所でビットコインなどのコインを購入し、購入したコインの価格が高い他の取引所でコインを販売することです。

でも、ビットコインの裁定取引(アービトラージ)で本当に利益が出るのか?と疑問に思う方も多いと思います。
この記事では、ビットコイン裁定取引(アービトラージ)の仕組みややり方などをご紹介します。

初心者のためのビットコイン裁定取引(アービトラージ) — 裁定取引の仕組み

理論的には、ビットコインのアービトラージ取引は、リスクゼロで大きな取引利益を上げるための投資スタイルと言えるでしょう。さらに、裁定取引の仕組みはとても簡単です。

仮想通貨取引所でのビットコインの価格は、取引所で最後に実行された取引の値によって決定されます。例えば、取引所Coinbaseでのビットコインの価格は、Krakenなど他の取引所での価格と常に同じになるわけではありません。

また、地域によってビットコインの価格に大きな違いがあることもあります。最も有名な例は、キムチプレミアムと呼ばれる現象です。

  • キムチプレミアムとは、韓国内の取引所でビットコインが米国の取引所よりも1000ドル高く取引されることがある現象のことを指します。
  • 米国と韓国のビットコイン価格の大きな差は、韓国のビットコイン需要の高まりによるものです。
  • ビットコインの裁定取引の最も有名な例として、米国でビットコインを購入し、韓国の取引所で1,000ドル(またはそれ以上)のマークアップで販売することです。

多くの人を仮想通貨の裁定取引(アービトラージ)に引き寄せているのが、キムチプレミアム現象などの機会です。しかし、異なる取引所でのビットコイン価格の違いは、常にキムチプレミアムのように劇的な訳ではありません。実際には、理論上で言われるほどそう簡単に仮想通貨の裁定取引(アービトラージ)の機会があるわけではありません。

仮想通貨の裁定取引(アービトラージ)は本当に利益が出るのか?

裁定取引(アービトラージ)は、実際に何もないところから無料で利益が出せる確実な方法なのでしょうか?理論上では、出来ます。
残念ながら大多数の人は、大きな損失に繋がってしまう可能性がある、いくつかの要因を考慮することなく、裁定取引を始めてしまいます。

  • 裁定の機会は一瞬で無くなってしまいます。利益を得るためには、異なる取引所での売買注文を同時に実行する必要があります。
  • 取引を実行するために使用するそれぞれの取引所で、法定紙幣(現金)の入出金手数料を計算することで、潜在的な裁定取引の利益を計算する必要があります。
  • また、ビットコインの入出金手数料、税金、および取引所での最低入出金のしきい値を考慮する必要があります。

多くの場合、裁定取引(アービトラージ)で$10から$50程度の利益を上げる事を目標としているトレーダーは、他の取引費用を考慮すると、利益が出ることはほとんどありません。実際には、多くのトレーダーは損失が出ないようにする事だけに苦労します。

ビットコイン裁定取引(アービトラージ)のその他の難点

ほぼすべての仮想通貨の裁定取引を促進する人達は、実際に利益を出すのがどれだけ困難であるかを言及することを省略しています。しかし、新規参戦者が裁定取引を始めるときに心がけておく必要があることは、取引手数料だけではありません。

仮想通貨の裁定取引を成功するためには、いくつかの異なる仮想通貨取引所のアカウントを開設する必要があります。2020年の今、大多数の取引所は、特定の地域に居住するユーザーにのみサービスを提供しているため、これは問題となる可能性があります。

  • 取引所によっては、日本国内からの口座の開設が禁止されています。
  • 取引所がVPNや偽造の身分証を使用してサービスを使用している可能性があると判断した場合、アカウントの凍結だけでなく、アカウントに入金された資金も凍結される可能性があります。
  • P2P(ピアツーピア)仮想通貨取引所は、世界中のユーザーにアカウントの開設や、プラットフォームの使用を許可しています。しかし、ユーザー同士の個人間で行われる取引は詐欺行為が多いので気をつけましょう。

大多数の取引所が現地住民のみにサービスを提供しているため、キムチプレミアムのようなビットコイン裁定取引の機会を利用することは2020年の今はほぼ不可能と言えるでしょう。

残念なことに、毎年何千人もの人々が利益を得ることができる取引がどれほど難しいかを認識することなく、仮想通貨の裁定取引を始めてしまっています。さらに悲しいことに、多くの新規トレーダーは、ビットコイン裁定取引詐欺の犠牲になっています。

ビットコイン裁定取引(アービトラージ)詐欺

初期の頃の仮想通貨市場は、ビットコインの裁定取引を利用して利益を出すことは比較的簡単でした。

2018年までは、ほとんどの仮想通貨取引所は、世界中のユーザーにサービスを提供していました。しかし、取引所の規制強化により、現在ではビットコイン裁定取引はほとんど不可能になっています。

悲しいことに、仮想通貨の裁定取引がより困難になった事により、インターネット上での仮想通貨裁定取引(アービトラージ)詐欺の数が一気に増加しました。

  • 現在、仮想通貨の裁定取引(アービトラージ)を代理で行う事を謳っているサイトが無数に存在します。詐欺グループは、被害者に取引所やプラットフォームにビットコインの入金をさせることが目的です。
  • ビットコイン裁定取引詐欺のウェブサイトは、多くの場合、ユーザーに代わって有益な裁定取引を実行するために、取引ボットや洗練された取引アルゴリズム、および異なるグローバルな場所で実際のトレーダーを使用していると言うでしょう。
  • 多くの場合、ビットコイン裁定取引詐欺は、ビットコインの価格が上がっているか下がっているかに関係なく、毎日、毎週、または毎月、保証されたリターンを得ることを約束して、ユーザーをおびき寄せます。

最近、ビットコイン裁定取引サイトで、すぐに利益を稼ぎ始めることができると言っているサイトに出くわしてしまったことはありませんか?もしそうなら、それは詐欺の可能性がとても高いです。詐欺グループによっては、被害者に信用させるために、最初に取引利益を支払うこともあるでしょう。しかし、最終的には、入金したビットコインを引き出すことが不可能になります。

つまり、トレーダー自身が取引を実行する前に、異なる取引所で実際の裁定取引の機会を識別する方法を持っていない限り、裁定取引と言う投資方法を使って利益を得ることはほぼ不可能と言えます。

元の記事:ビットコイン裁定取引(アービトラージ

Written by

EOSブロックチェーンに基づく証明可能な公正なゲームプラットフォーム。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store