1. 導入

仮想通貨EOSとは?

聞いたことはあるけれど「実際どんな仮想通貨」で「将来性はあるの?」そう考えている方が多いと思います。

今回の記事ではEOSの仕組みを分かりやすく解説すると共に最後にはEOSを無料で入手する方法について説明していきます。

ぜひ、最後まで集中してご覧ください。

2. EOSとは?

仮想通貨EOSは仮想通貨バブルと呼ばれた2017年に「EOSプロジェクト」を行うための資金調達の為に開発された仮想通貨です。

当時、同様に資金調達の為に使われたイーサリアム(ETH)が話題になりましたが、EOSはイーサリアムを凌ぐ機能を持った仮想通貨です。

EOSプロジェクトは「EOS.IO」とよばれる分散型アプリケーションプラットフォームの構築を行なっています。

EOSが抱えるビジョンは、今後、世界中の企業の業務サポートツールとして活用されることを目的にしています。

またEOSはビットコインやUSDTとは異なり、EOS自体に通貨としての機能はありません。

あくまでも通貨としての価値はないので、分散型アプリケーションとしての期待値で価格が付いていると言えます。

EOSの概要をお伝えしたところで、ここからはもっと詳しいEOSが誕生した理由やEOSの仕組みについてお話していきます。

2–1. EOSが誕生した理由

前述でもお伝えしましたが、EOSトークンは資金調達の目的で発行されました。

EOSトークンは発行上限が10億EOSに設定されています。

ICOで2億EOSを発行後、2017年7月から350日かけて、日々200万EOS、合計7億EOSを市場に配布されました。

残りの1億EOSを運営が保有しています。

ちなみに配布されたEOSは配布後48時間で凍結されて、その後移動は一切できなくなります。

他の仮想通貨にはない、EOSの特徴です。

2–2. EOSの仕組み

EOSはDposというコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

これはEOSトークンを保有するユーザーの投票により選ばれた、ブロック発行社がブロックを発行できる仕組みになります。

単純に作業量や通貨の保有量によって、決まる分けではないので均等に市場にEOSトークンを放出することができる、マイニング方法と言えます。

またEOSは現在、ブロックチェーンの中で最も処理能力が高いとされています。

2–3. EOSが使われている場所

2020年のアメリカ大統領選挙の投票結果にEOSのブロックチェーンが使用されました。

絶対に不正が許されない選挙にEOSのブロックチェーンを使用することで、公正で平等な選挙が行うことができます。

今回の大統領選挙をきっかけで今後、世界的に活用されていくことが期待されそうです。

3. EOSのメリット

Image for post
Image for post

ここまではEOSの具体的な機能や仕組みについて解説してきました。

ここからはEOSのメリットや特徴についてお伝えしていきます。

3–1. 処理速度

EOSはブロックチェーンの中でもトップクラスに高い処理能力を持っています。

その速度はクレジットカードのVISAカードよりも早いと言われています。

また時価総額トップ5に入る、仮想通貨ビットコインやイーサリアムに比べて数十万倍の処理速度です。

昨今問題になっている、仮想通貨の送金速度をクリアしています。

3–2. 取引手数料無料

通常ビットコインやリップルなどの仮想通貨を送金する際は一定数の手数料が発生します。

しかしEOSは取引手数料が無料です。

処理能力も高く、手数料が一切かからない、EOSは企業での利用に非常に適しています。

3–3. 分散型

ブロックチェーンの技術は情報を記録、管理することを目的とした技術です。

一つの情報をチェーン状に繋げて、トークンホルダー同士で共有し、管理していくため、セキュリティ面でも優れています。

4. EOSのデメリット


USDT取引所
USDT取引所

1. 導入

あなたは仮想通貨取引において、最も利用されている仮想通貨を知っていますか?

それはビットコインですか?いいえ。

実は、仮想通貨取引で最も利用されているのはUSDT(テザー/Tether)という仮想通貨です。

今回は、最も利用されているUSDTについて人気の理由や利用する上での注意点、おすすめのUSDT取り扱い取引所を初心者の方でもわかりやすく解説します。

2. USDTとはなにか?

USDTとは、Tether社が発行・管理する仮想通貨Tetherのことです。

TetherのティッカーシンボルがUSDTであることからUSDTとも呼ばれています。

ティッカーシンボルとは銘柄を識別するためのコードのことです。

ビットコインならBTC、アマゾンならAMZNといった銘柄名や企業名がわかる簡単なアルファベットで表示されます。

USDTは仮 …


ビットコイン・USDT(テザー・ イーサリアムのフォーセット
ビットコイン・USDT(テザー・ イーサリアムのフォーセット

1. 導入 — 実はタダで仮想通貨をゲットする方法があるのです

「タダで仮想通貨が貰える」と聞くと、正直ちょっと怪しい印象がありますよね。

実際に、その手の謳い文句でフィッシング詐欺に引っ掛けてきたり、変なセミナーに参加させられたりすることも残念ながらあります。

身近なところで言うと、たとえばtwitterは現金配布詐欺や仮想通貨関連詐欺の温床になっています、有名人のなりすましプレゼント企画には気を付けましょう。

ところが、それらの詐欺や詐欺まがいのものではなく、本当に仮想通貨をタダで貰える方法というのがあります、それがfaucet(フォーセット)です。

トレードやICO・IEOのみを見ている方はあまり馴染みが無いと思いますが、実は日本語メディアでも昔から結構取り上げられています。

今回の記事では、この仮想通貨をタダで貰えちゃうフォーセットをたくさん紹介していきます。

BTCだけでなく、さらにETHやUSDT版のフォーセットもあります …


オンラインカジノ ボーナス
オンラインカジノ ボーナス

1. 導入:オンラインカジノには豪華なボーナスがたくさん!

今回は、オンラインカジノの豪華なボーナスについて、その魅力と素晴らしさをたっぷりとご紹介していきます。

今まで1度もオンラインカジノを触れたことの無い方は、オンカジ特有のボーナスの豊富&豪華さに(え!こんなに?!)と驚くかもしれません。

こう書いている私も、何を隠そうオンカジのボーナスに驚いた1人です。

そもそも、私が初めてオンラインカジノを使ったきっかけが「ウェルカムボーナス」の豪華さでした。

本来有料のオンラインカジノがタダで遊べるなら、これはやっちゃおう!とボーナスにつられて、某世界的大手カジノに登録したのです笑。

その後は、オンカジ独特のユニークな世界観にハマりこみ、ブラックジャック・ルーレット・バカラ・スロット…と大学時代の一時期はどっぷり浸かっていました。

モンテカルロをはじめ色んなカジノセオリーを調べ、期待値を計算しながらPCに向かい合ってましたねぇ。

…と、そんな話はどうでも良くて、皆さんは「登録すれば〇〇円分がタダ」のようなウェルカムボーナスは何となくイメージもつくかと思いますが、実はオンカジには結構いろんなボーナスが存在します。

2. そもそもオンラインカジノのボーナスって何?


ハロウィン スロット
ハロウィン スロット

ハロウィンの季節がやってきました!
ハロウィンと言えば仮装してトリック・オア・トリートや、ハロウィン独特の怖可愛い料理やお菓子などが楽しみですね。

上記のような伝統的な過ごし方をするのもいいですが、お家でゆっくりホットチョコレートを飲みながらハロウィンスロットをプレイして、ちょっぴり怖いけどワクワクする、そんんなハロウィンの独特の雰囲気に浸ってみてはどうですか?

この記事では、ホラー好きの方からそうでない方まで楽しめること間違いなしの、ハロウィンにぴったりのホラーがテーマとなったオンラインスロットTOP10をご紹介します。

1. Circus of Horror (サーカス・オブ・ホラー)

ホラーサーカスが街にやって来た!音楽やおどろおどろしい絵柄のシンボルでハロウィンの雰囲気を楽しめること間違いなしのビデオスロットです。
3倍のマルチプライヤーやギャンブル機能、15回のフリースピンを搭載しています。
最低ベットは5円で、RTP(プレイヤー還元率)は95.68%です。


仮想通貨ステーキング
仮想通貨ステーキング

仮想通貨ステーキングとは?持っておくだけで資産が増える仕組み

ステーキングとは、仮想通貨(暗号資産とも呼ばれます)をウォレットで保有しておくだけで、その仮想通貨が貰える仕組みです。

ユーザーは、普通のトレードのように資産が減るリスクを負うことなく、安全に資産を増やすことが出来ます。

ステーキングは株券に例えられることが多いのですが、このように保有しておくだけで利益を受取ることが出来るのです。

ただで仮想通貨が貰えるのであれば、当然「欲しい」と思う人は多いでしょう(もちろん私もその1人です)。

今回は、このステーキングサービスに優れた取引所と仮想通貨をご紹介します。

どうしてステーキングは人気なのか?

仮想通貨ステーキングは、その仕組みが登場した当初から注目を浴び続け、世界中から人気を獲得しています。

その正確な理由こそ分かりませんが、(保有しておくだけで仮想通貨が受取れるなら…)とステーキング銘柄を選ぶ …


バカラ
バカラ

導入 — あの大社長もハマったゲーム

最近は、カジノ系youtuber『世界のヨコサワ』が大きくチャンネル登録者数を伸ばしている(39万人超!)ように、ギャンブルが一般の人々の間にも人気になっていることを肌身で感じるこの頃。

今回は「バカラ」を紹介していくのですが、バカラといえば大王製紙の前会長・井川意高氏のエピソードが印象的です。

大王製紙は東証一部上場の製紙メーカーで井川氏は第5代社長。

この井川氏は100億円を不正に引き出して、その金をすべてバカラで溶かしました(大王製紙事件)。

もちろん会社の資金を不正に引き出すことは犯罪ですが、驚くべきは東証一部の大社長ですらハマってしまうバカラの悪魔的魅力です。

バカラとは何か?純粋な運で勝負するカジノの王様

カジノに興味がある人であれば、ルーレットやポーカーは聞いたことがあると思います。しかし一方で、バカラの知名度は低いです。

ところが、このバカラはカジノプレイヤーの間では抜群の人気。アジアンカジノの聖地・マカオで最も人気があるゲームです。

ゲームは至ってシンプルで、プレイヤーとバンカーのどちらがトランプの大きい数字か賭けるルールです。

このシンプルさゆえに、引きの強さ・運がもっとも反映されるゲームと言われています。

そして、人気ゲームなので動く金額も大きいです。井高社長は100億円使ってましたし(少額からプレイすることも出来ますよ)。

カードの配点

バカラは、プレイヤーとバンカーのどっちの数字が大きいか当てるシンプルなゲームですが、配点が少し特殊です。

  • エース / A (1):1点
  • 2–9:2点-9点(カードの数字そのまま)
  • 10,J,Q,K:0点

USDT(Tether/テザー)ウォレット
USDT(Tether/テザー)ウォレット

仮想通貨は非常にボラティリティが高い傾向にあります。大きな利益率を求めるトレーダーにとってボラティリティは素晴らしいものですが、大多数の人は1日に何度もグラフをチェックしたり、最新の価格上昇を見たりすることなく仮想通貨のメリットを享受したいと考えているのではないでしょうか?

仮想通貨で資産を保管したいが、急激に変化する為替レートに対応するのが難しいという方には、テザー(Tether/USDT)が最適かもしれません。テザーは別名USDTとして知られている、安定したステーブルコインです。法廷紙幣に関連付けをすることにより、安定した値を維持するように設計された仮想通貨です。
USDTの通貨価値は米ドルの価値と一致しており、1USDTは常に1USDと等しいことを意味します。

USDTテザーの仮想通貨の背後にある会社は、テザーウォレットに保管されている1USDTごとに、1ドルを通常の銀行口座に保管しています。また、USDTの価格の不正を阻止するために常に監査が行われています。

USDTはイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で構成されています。ERC-20トークンを使用して鋳造されたUSDTは、イーサリアムブロックチェーンをサポートするほとんどのウォレットと互換性があります。

USDT(テザー)ウォレットの種類

仮想通貨の保管に使用されるウォレットには、ホットウォレット、ウォームウォレットそして、コールドウォレットの3種類があります。なのでウォレットと一言に言っても、種類によって様々なレベルのセキュリティや利便性を持ちます。

ホットウォレット

ホットウォレットは常にインターネットに接続されている仮想のお財布(ウォレット)です。知名度のあるウォレットはすべて最先端のセキュリティを備えていますが、常にインターネットに接続されているため、サイバー攻撃にさらされる危険性があります。
しかし、常にインターネットに接続されている事により、即時の取引が可能になり、利便性が高いウォレットとなります。強固なパスワードなどのセキュリティ対策と相まって、ホットウォレットを使用する際に心配することはほとんど無いと言えるでしょう。

コールドウォレット

コールドウォレットは、サイバー攻撃の脅威にさらされる可能性を減らすために、仮想通貨をオフラインで保存することを可能にしたハードウェア機器です。取引を行うには、コールドウォレットの所有者が秘密鍵を手動で入力する必要があります。最も単純なコールドウォレットの例としては、秘密鍵が印刷された紙(英数字やQRコード)ですが、紙を紛失したり破損することですべての資金が失われてしまう危険性があります。

ウォームウォレット

ウォームウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットの中間的なアプローチをとることで、前述のウォレットの大きな不都合を解消することを目的としています。ウォームウォレットはオンラインのままで、通常の取引に必要な少額の資金はホットストレージに保管し、残りの資金はオフラインのコールドストレージに保管します。ホットウォレットを使用することで、コードをいちいち入力すること無く素早く取引を行い、貯金はハードウェアデバイスの中で安全な状態を維持することができます。

おすすめのUSDT(Tether/テザー)ウォレット5選

これから初めてテザーウォレットを作成する方や、すでにUSDTウォレットを持っているが違うウォレットへの移行を検討している方は、以下の5つのオススメのUSDTウォレットを参考にしてみてくださいね。

1. Trustウォレット

TrustウォレットはUSDTに対応しているバイナンス(Binance)取引所の公式モバイルウォレットです。

AndroidとiOSデバイスのダウンロードはこちらから:Trustウォレット

Trustウォレットの特徴:

  • 分散型取引所(DEX)
  • イーサリアムブロックチェーンをベースにしたUSDTを送金する場合は、取引手数料としてETHが必要になります。
  • 日本語を含めた様々な言語に対応
  • 仮想通貨のステーキングが可能
  • モバイルのみ対応(PC不可)

2. Ledger Nano S

すぐにUSDTトークンの取引を考えてない場合は、セキュリティレベルの高さを誇るLedger Nano S(レジャーナノS)がおすすめです。25種類の仮想通貨と1,200以上のERC-20トークンと完全に互換性のあるNano Ledger Sは、市場で最高の独自ソフトウェアを誇っているコールドストレージデバイスです。
Ledger Nano Sは、USDT(テザー)をオフラインで保存するウォレットでありながら、デバイスの紛失や秘密のパスワードを忘れたりした場合でも、USDTを失うことを防ぐためのバックアップも提供しています。
ウォレットの入手には59ドルの費用がかかりますが、大切な資金が完全に安全であることを保証してくれます。

3. Exodus

2015年に設立されたExodusは、日本語には対応していませんが、秘密鍵を個人のデバイスに保存することでUSDTテザーウォレットにセキュリティの層を追加します。またExodusは、Trezorとして知られているハードウェアコールドウォレットも提供していて、ウォレットの機能に応じて70ドル〜で購入できます。

Exodusの必見機能:通貨の交換
Exodusウォレットは仮想通貨を直接交換することができ機能を備えています。
例えば、1ETHを持っていてビットコインが必要な場合、ウォレット内でETHをビットコインに交換することが可能です。しかし、交換手数料として2%〜5%のがかかります。1ETHを交換する場合には、手数料として0.02ETH〜0.05ETHを支払う必要があります。

Exodusウォレットはモバイル、パソコン共に対応しています。
ダウンロードはこちらから:Exodusウォレット

4. Tether Wallet

TetherウォレットはTether公式のウェブウォレットです。

Tetherウォレットのデメリット:

  • Tetherの公式ウォレットを作成するには、150USDTの手数料を支払う必要があります。
  • Tether.toによって承認される必要があります。承認されなかった場合でも手数料(150 USDT)は戻って来ません。
  • 法廷紙幣の入出金には0.1%の手数料がかかります。
  • ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような他の仮想通貨は使用できません。

Tetherウォレットのメリット:

  • USDTの入金とUSDTの引き出しは完全に無料です。

公式Tetherウォレットの作成はこちらから:Tetherウォレット

5. Crypterium

インターネットバンキングアプリをエミュレートするように設計されたCrypteriumは、USDTをはじめとするすべての仮想通貨に対応する最も古くからある仮想通貨ウォレットの1つです。Crypteriumは、資金のほとんどをオフラインで保存するウォームウォレットです。

Crypteriumの特徴:

  • PCとモバイルの両方で利用可能
  • アカウントを作成する際に電話番号が必要になります。
  • CrypteriumはVISAカードを提供しており、世界中のどのATMでもキャッシングが可能です。
  • 24時間365日対応のカスタマーサポート
  • 日本語は現時点では未対応

まとめ

価格変動が少ないことで人気を誇るUSDT(Tether/テザー)を保持するには、目的に合ったウォレットを見つけることがポイントです。大切な資産を守るために、自分の目的に合ったウォレットを見つけましょう。

元の記事:

おすすめのUSTD(Tether/テザー)ウォレット:モバイル&パソコン版


dApps
dApps

導入 — dAppsとは近未来の分散型アプリケーション

最近のブロックチェーン業界では、仮想通貨を担保にしたレンディングサービスをはじめとするDeFi(分散型金融)の話題でもちきりですが、17年から注目を集めているdAppsも目を話せないです。

仮想通貨の貸し借りをするレンディングサービスより、dAppsゲームの方が圧倒的に楽しい!

dApps(分散型アプリケーション)とは、普通のアプリと違い、2014年にローンチされたイーサリアムをはじめ、ブロックチェーンの上に構築された最新式のアプリです。

イーサリアムチェーンに構築されているものが多いですが、ネットワーク手数料が安いEOSやTronのチェーンも使われています。

その仕組みの斬新さからdAppsは瞬く間に話題となり、日本でもdAppsゲームがテレビCMで流れるなど、大きな注目を集めました。

今回の記事では、「ブロックチェーン×アプリケーション」この少年心をくすぐるような最新式のテクノロジーを紹介し、そして人気なdAppsサービスをいくつか紹介します。

ブロックチェーン上でアプリを作る? dAppsの仕組みとメリット

dAppsは普通のアプリケーションと違い、ブロックチェーン上で構築されています。

ということは、当然普通のアプリと違い、ブロックチェーンの特性をdAppsで応用することができるのです。

まずは、ブロックチェーンの持つ大きな3つの特徴を整理しましょう。

  1. 追跡可能性:取引データが記録されているため容易に追跡できます
  2. 耐改ざん性:ブロックに記録されたデータは改ざんが非常に難しいです
  3. 透明性:ブロックチェーン参加者は全員同じデータを同期・共有しています

これらの特徴の他に、全員でデータを同期・共有しているため、システムダウンが発生しにくいメリットもあります。

一方、普通のアプリケーションの場合は、アプリ会社のサーバーで一元的あるいは少数でデータを管理しています。

これらアプリのサーバーやデータの管理方法は、通常ユーザーの目から見えにくい仕様になっています。

もしも、貴重なデータが改ざんされてしまったら、あるいは、大規模なシステムダウンが発生してしまったら、ユーザーは不具合として受け入れるしかないでしょう。

しかし、dAppsであれば、ブロックチェーンの特性を用いて、透明性の高い管理環境で、しかもシステムダウンリスクも抑えてアプリを使用することができます。

とりわけ、「改ざんが非常に難しい」特性を利用したNFTはdAppsゲームでも頻繁に用いられており、メディアでも取り上げられることが多いです。

NFTとは「代替不可能なトークン」のことで、その名の通り、ブロックチェーンの特性を利用して、代替(代わりになるもの)が出来ないデータを作成します。

このNFTが一躍有名になったのは、Cryptokitties(クリプトキティーズ)という、猫を育成するゲーム。

ユーザーは世界で一匹しかいない猫を育てるのですが、この「世界で一匹しかいない」を保証するのがNFTです。

その革新性と、データの保全性の高さにより、ゲームの猫のデータが2000万円で売買されたこともありました。


バスタビットとは
バスタビットとは

Bustabit(バスタビット)とは:チャートがどこまで伸びるか!予想するゲーム

バスタビットは、オンラインカジノと仮想通貨に興味のある人であれば、きっと興味の湧くゲームでしょう。

バスタビットはチャートの「伸び」を予想するシンプルなゲーム。仮想通貨取引所でレバレッジをかけてトレードするときの、あのハラハラ感とはまた違う刺激が楽しめます。

1. バスタビットの歴史と人気を獲得した経緯

1–1 バスタビットは今もなお、人気度上昇中!

バスタビットは2014年にリリースされたゲームです。2017年の仮想通貨バブルとdAppsブームを経て、大きな人気を得ました。

仮想通貨バブルが去った現在でも、googleトレンドで調べてみると、世界的に人気がジワジワと右肩上がりになっていることが確認できます。

バスタビットが、大きく世界的に流行した背景には、もちろんトレンドに上手に乗っかったことも勝因ですが、シンプルなゲーム性も人気の理由です。

“画面に表示されているチャートの伸び率を当てるだけ”なので、他のカジノゲームのような難しいルールを把握しなくても楽しく参加できます。

1–2 バスタビットはどんな人に向いているゲーム?

バスタビットの遊び方は、チャートの伸び率を当てるだけの非常にシンプルなもの。そして、1回のゲームは30秒もかからないので、テンポよく何度も楽しめます。

なので、戦略性の高いゲームよりもシンプルなものが好きで、ゲームに割ける時間が少ない人にはおすすめです。暇で苦痛な通勤時間中に電車の中で楽しむのも良いでしょう。

また、少額から始めることができるので、カジノはしたいけど賭けるお金がない…という人にもおすすめです。

バスタビットは仮想通貨でゲームをするので、最新技術に興味がある人も楽しめると思います。

まとめると、バスタビットは次のような人におすすめです。

  • シンプルなゲームが好き
  • ゲームに割ける時間が少ない
  • カジノで賭けられるお金が少ない
  • 最新技術に興味がある

2. バスタビットの始め方

それでは、バスタビットの始め方・遊び方を紹介していきます。

2–1 バスタビットアカウントの作り方

バスタビットの公式サイトへアクセスし、「Play Now」と書かれている大きなボタンをクリックします。

②ユーザーネーム・パスワード・メールアドレスを入力します。

この2ステップで完了です。

2–2 バスタビットへの入出金方法

次に、バスタビットへの入出金方法を紹介します。

【バスタビットへの入金方法】

①作成したアカウントでログインし、Casherの欄をクリックします。

②ビットコインアドレスが表示されるので、自身のビットコインを送金します。

【バスタビットからの出金方法】

①withdrawalsの欄をクリックします。

②自身のビットコインアドレスを入力して、ビットコインを送金します。

ここでの注意点としては、日本円やビットコイン以外での仮想通貨入金が出来ないことです。あらかじめビットコインを保有するには、国内の仮想通貨取引所で日本円をビットコインに両替しておく必要があります。

2–3 バスタビットの遊び方-ベーシックルールの紹介

About

TrustDice.win

EOSブロックチェーンに基づく証明可能な公正なゲームプラットフォーム。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store